スタイルを良くするために有酸素運動と筋トレを同時に行っている人は多いです。
そんな人が気になるのは、有酸素運動は筋肉を分解するということだと思います。
結果から言うと、有酸素運動を行うことで筋肉が分解されるというのは本当です。基本的に人間の体は生きている限り脂肪や筋肉を分解する、グリコーゲンを使うなどをして体を動かしています。
メインエネルギーは炭水化物などのグリコーゲンですが、体内ではグリコーゲンが減ったら脂肪を燃やし、脂肪がなくなったら筋肉を分解するという仕組みになっています。
通常なら食事によってエネルギーは補充されますが、食事制限などをしていると代謝に使うエネルギーを減らしてしまい、筋肉を分解して代謝に必要なエネルギー自体を減らすことになります。
そのためリバウンドして体重は増えても、筋肉が元に戻らず脂肪だけが増えてしまい太るということも考えられるのです。
しかし、有酸素運動には筋肉の合成を促進させる効果もあります。血流を活性化することで栄養素を全身に行き渡らせやすくなり、老廃物を除去する効果が促進されます。
また、インスリン感受性を高める作用があります。インスリン感受性が高まれば、筋肉に効率的にアミノ酸や炭水化物を運ぶことができ、インスリンを大量に分泌する必要がなくなるため脂肪の蓄積を抑制して筋肉に運ばれる栄養素の割合を高めることができます。
筋トレは筋肉を作るためのトレーニングですが、有酸素運動と同時に行うことによって筋肉を生成するのを促進させます。
この効果をより高めるためには筋肉サプリを利用することがオススメです。筋肉サプリを摂取することによって筋肉に必要な栄養素を効率的に摂取することができ、疲労回復を促したり筋肉をより大きくすることなどが可能です。
また、それ以外にも栄養バランスの良いタンパク質の含んでいる食事をしたり、筋肉の回復や発達に重要な睡眠をしっかり取ることなども大切となります。

関連ページ

筋肉を落とさずに脂肪を減らすために必要なこと
体脂肪率を減らすとせっかく大きくした筋肉も小さくなってしまうことを心配し、減量に踏み切れないという方は少なくないです。
筋トレに重要なサプリメントは消化酵素ってほんと?
筋トレを行っている時には多くの人が筋肉サプリを取り入れますが、その筋肉サプリにも色々な種類があります。